膣カンジダ症のためのボディソープKADASON(カダソン)使用上の注意

膣カンジダ症のためのボディソープKADASON(カダソン)は、
膣カンジダ症治療中の方やデリケートゾーンの肌荒れを予防したい方に適しています。

ただし、あまりお勧めできない方がいます。

・アトピー性皮膚炎の方
・敏感肌の方

上記の方は、カダソンのご利用を控えていただきたいです。

また、アトピーでも敏感肌でもないよ。。。という方も、
傷や腫れなどあるときは使用しないこと、
刺激や違和感を感じる場合も使用を中止してくださいね。


それ以外の方にはKADASON(カダソン)はおススメです。

膣カンジダ症による強い痒みや嫌なおりもので悩んでいる方は、
KADASON(カダソン)公式サイトにてお買い求めください。

 膣カンジダ症のためのボディーソープ【KADASON(カダソン)】

膣カンジダ症の基礎知識-名前は怖いけど。。。

膣カンジダ症というと、少し怖い病気のような響きがありますが、
決して、怖い病気ではありませんし、女性なら誰でもなる可能性がある症状です。

ここでは、膣カンジダ症の基礎知識をお伝えしていきます。
先ずは、知ること-が大事ですからね。

カンジダ菌は悪者なの?

カンジダ菌そのものは、悪者ではありません。

元々の役割は、膣内に常在し、その他の菌と協力して、
(いわゆる)バイキンから膣内を守ってくれている菌といえます。

悪者ではないカンジダ菌ですが、
何らかの原因で異常増殖し、
その結果、
外陰部の強い痒みや場合によっては、強い痛みがあり、
おりものは白濁した状態(膣カンジダ症)という症状を引き起こす原因となります。

発症すると非常に煩わしい膣カンジダ症ですが、
カンジダ菌は誰もが持っているものなので、
誰でもかかる可能性がある女性特有の病気といえます。

膣カンジダ症になってしまう原因

カンジダ菌が異常繁殖してしまうのは、いくつかの原因があります。

・生理前後や妊娠によるホルモンバランスの変化
・免疫力の低下
・下着の強い締め付けや蒸れ
・常在菌バランスの乱れ(抗生物質など)
・糖尿病やステロイド剤の使用
・性的接触

また、陰部を洗いすぎるというのも原因に挙げられています。

必要以上に洗いすぎることは、問題になっています。
(ウォシュレットなどの普及も問題化していますね)

気をつけようがないものも中にはありますが、
一度、膣カンジダ症を発症してしまうと、再発を繰り返すことも多いので、
注意できる部分に関しては、注意していきたいところです。

膣カンジダ症の治療はどんな感じ?

膣カンジダ症が疑われる場合は、産科・産婦人科での診察が必要です。

膣カンジダ症と診察結果が出たら、そのまま治療へと移ります。
抗真菌薬での治療が最短で6日ほど続きます。

市販されているお薬もありますが、“再発”された方向けとなっています。
安易な自己判断は危険です。

ネット上の情報を見ただけですべてを知った気になることが無いようにしたいですね。

気をつけて!自己判断厳禁です。
膣カンジダ症だと決めつけてしまうと、治療法が違ったり、
思わぬ病気を見過ごしてしまうことにもつながります。

腟トリコモナス症、細菌性腟症、
骨盤内感染症、子宮頸管炎といった病気は、
膣カンジダ症と似ている症状が出ますので、特に注意が必要です。

自己判断で済ませてしまわず、産科・産婦人科で診てもらうことが大事です。

≪参考サイト≫
膣カンジダって?原因と症状|エンペシドL(佐藤製薬)

膣カンジダ症のチェックもできますので、
気になる方は上記サイトでご確認くださいませ。